[Devforum] DC開発フォーラム 第61回ワークショップのご案内:7月22日(月)紀谷昌彦氏 (外務省)「二国間支援と国際機関との連携による相乗効果をどう実現するか-南スーダ ン、TICAD7、国際保健を例に考える」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DC開発フォーラムMLの皆様

DC開発フォーラムでは、平日の夜を利用して、途上国の開発に関わる実務家や学生を中心にプレゼンと自由な議論を行い、知識を深めるとともに何らかの行動に結び付けていくことを狙いとしたワークショップを開催しています。今回のテーマとスピーカーは以下の通りです。関心のある方は奮ってご参加ください。

 

 「二国間支援と国際機関との連携による相乗効果をどう実現するか-南スーダン、TICAD7、国際保健を例に考える」

 

【テーマ】

日本はグローバルな課題解決に指導力を発揮するために、各種の国際会議や個別国の現場で、二国間支援とともに国際機関との連携を打ち出し、推進しています。日本が二国間支援と国際機関との連携の双方を効果的に活用し、相乗効果を上げるためには、どのような発想や工夫が必要でしょうか。冒頭、スピーカーから南スーダン、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)、国際保健の事例を紹介しながら問題提起を行い、引き続き参加者間でそれぞれの経験を踏まえての意見交換を行い、議論を深めます。

 

【スピーカー】

紀谷 昌彦(外務省国際協力局参事官、TICAD担当大使)

1964年函館市生まれ。東京大学法学部卒業後、1987年外務省入省。ケンブリッジ大学歴史学部国際関係論修士号及び同大学法学部国際法修士号取得。在ナイジェリア日本国大使館、防衛庁防衛局、外務省欧亜局・大臣官房・経済局、在米国日本国大使館一等書記官、在バングラデシュ日本国大使館参事官、外務省総合外交政策局国際平和協力室長、同国連企画調整課長、防衛省地方協力局提供施設課長、在ベルギー日本国大使館公使を経て、2015年から2017年まで駐南スーダン大使。現在、外務省中東アフリカ局アフリカ部・国際協力局参事官、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使、NGO担当大使。

 

【日時】

2019年7月22日(月) 18:30-19:45

 

【参加費】

当フォーラムのサーバー代等の活動維持費のため参加費1ドルを現金で徴収いたします。

 

【会場】

世界銀行本部 The
World Bank, 1818 H Street, NW Washington DC 20433

 

入館方法や会議室の詳細などは、参加登録者に送付される会場案内にてお知らせ致します。会場案内をよくご確認の上ご来場ください。

 

【参加登録】 

参加ご希望の方は、下記登録フォームより7月20日(土)までに必ず参加登録をお願い致します。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDVmdGZjV2ZnQ2ctb1lUR1JhODBXZ3c6MQ#gid=0

 

登録にご不明の点がある場合、または、当日朝までに会場案内のメールが届かない場合は、ワークショップ担当(dev.forum.workshop@gmail.com)まで、ご連絡ください。

 

過去のワークショップの内容はこちらでご覧いただけます。

http://www.devforum.jp/category/events/workshops

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 
DC開発フォーラム・勉強会担当大島
———————————————————————–
Website: http://www.devforum.jp/
Facebook: http://on.fb.me/rtR9Le
Twitter: https://twitter.com/DC_dev_forum