[Devforum] (リマインダー)DC開発フォーラム 第54回ワークショップのご案内:9月27日 (木)戸田隆夫氏(国際協力機構)「近未来の国際協力と人間の安全保障」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DC開発フォーラムMLの皆さま

DC開発フォーラムでは、平日の夜を利用して、途上国の開発に関わる様々なトピックに関して自由に議論を行い、知識を深めるとともに何らかの行動に結び付けていくことを狙いとしたワークショップを開催しています。

第54回となる今回は、戸田隆夫氏(国際協力機構(JICA)上級審議役)を迎え、「近未来の国際協力と人間の安全保障」について発表していただきます。戸田氏は紀谷在米大参事官(当時)とともに、DC開発フォーラムを立ち上げ、フォーラムの前身となった「ODAブラウンバグランチ」の頃から3年近く、100回を超えるセッションの司会を務めました。関心のある方は奮ってご参加ください。

【テーマ】
「近未来の国際協力と人間の安全保障」
1990年代、冷戦構造崩壊後の途上国地域における武力紛争の頻発と、同時並行して急速に進展する経済・社会のグローバル化を時代背景として、「人間の安全保障」は生成し、2000年代を通じて、主に国連外交の舞台で一定の認知を得ました。今日、修辞としての「人間の安全保障」は、少なくとも日本とごく一部の国や国際機関においては依然理念として掲げられています。しかし、その実体化の意義について真剣に顧みる人はほぼ皆無となりました。もはや死語であり役割を終えたのでしょうか?
「人間の安全保障」からの気づきを今日的文脈で再評価しつつ、近未来における国際協力の在り方に関し、フォーラムの諸氏とともに思考実験をしてみたいと思います。

【スピーカー】
戸田 隆夫(とだ たかお)
1984年に国際協力事業団(現JICA)入職。在ザイール日本大使館出向、JICAアメリカ合衆国事務所次長、企画部平和構築支援室長、バングラデシュ事務所長、人間開発部長などを経て、現職。2001年、環境、平和と開発の相関を踏まえた国際協力のパラダイム構築に関する研究により、東京大学大学院新領域創成科学研究科で修士号取得。2009年、開発援助における「人間の安全保障」の主流化プロセスに関する研究により、名古屋大学大学院国際開発研究科で博士号取得。

【日時】
2018年9月27日(木) 18:30-19:45

【参加費】
当フォーラムのサーバー代等の活動維持費のため参加費1ドルを現金で徴収いたします。

【会場】
世界銀行本部 The World Bank, 1818 H Street, NW Washington DC 20433

入館方法や会議室の詳細などは、参加登録者に送付される会場案内にてお知らせ致します。会場案内をよくご確認の上ご来場ください。

【参加登録】
参加ご希望の方は、下記登録フォームより9月26日(水)までに必ず参加登録をお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScE3nnHw3uc4f-8HW_vU-odsBidVvjEWKyPU5JhwsgP73W_6g/viewform

登録にご不明の点がある場合、または、当日朝までに会場案内のメールが届かない場合は、ワークショップ担当(dev.forum.workshop@gmail.com)まで、ご連絡ください。

過去のワークショップの内容はこちらでご覧いただけます。
http://www.devforum.jp/category/events/workshops

皆様のご参加をお待ちしております。

DC開発フォーラム・勉強会担当
真鍋希代嗣

———————————————————————–Website: http://www.devforum.jp/
Facebook: http://on.fb.me/rtR9Le
Twitter: https://twitter.com/DC_dev_forum