DC開発フォーラム第234回BBLのご案内:4月30日(火)「日本・UNDPパートナーシップ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DC開発フォーラム第234回BBLのご案内:4月30日(火)「日本・UNDPパートナーシップ」
ワシントンDCでは、多数の途上国開発援助関係者が、政府、実施機関、世銀グループ・米州開銀・IMF、企業、NGO、シンクタンク・大学、メディア等で実務や研究に携わっています。DC開発フォーラムでは、その情報・知見を活かして個人の資格で自由かつ率直な議論を行い開発戦略に関する政策論議を深める(かつ出席者間の親睦を深める)とともに、記録を世界各地の関係者に発信して現実の政策立案・ 実施に反映させるために、ブラウンバッグランチを開催しています。
過去のBBLについては、下記のリンクをご参照ください。
(http://www.devforum.jp/bbl/)
標記のテーマについては次の要領でワシントンDCにて開催いたしますので、ご関心とお時間のある方は是非お気軽に参加いただければ幸いです。
1.日時: 4月30日(火)午後12時15分より
2.場所: JICA米国事務所・会議室
1776 Eye Street, N.W. Suite 895,
Washington, DC
Tel: 202-293-2334
3.テーマ: 「日本・UNDPパートナーシップ」
4.キックオフスピーカー: 二瓶直樹氏 (国連開発計画 対外関係・アドボカシー局)
5.スピーカー略歴
2003年国際協力事業団(現国際協力機構)入団
九州国際センター研修業務課
2005年外務省経済協力局出向
2006年人間開発部基礎教育グループ
2009年ウズベキスタン事務所
2012年国連開発計画出向(8月より現在)
6.次第:
12:15頃から 食事(各自持参)、適宜自己紹介
12:30頃から キックオフ
13:10頃から 自由討議(13:45終了)
7. 趣旨:日本にとって、UNDPは国連システムの中でMDGsの中核的な推進役であり、アフリカ開発会議(TICAD)、アフガニスタンやアフリカでの平和構築支援、ガバナンスや気候変動変動対策支援、防災支援といった多岐にわたる開発援助における課題に行動するための重要なパートナーとなっています。日本とUNDPのパートナーシップに関して、これまでの連携状況や今後の課題についてご説明させていただく予定です。
8.参加登録: 下記URLの登録フォームよりご登録ください。会場準備等の都合により、 4月29日(月)までにご登録いただきますようお願い申し上げます。
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDNLNFl1bDFvTFFrRzF1UUNDV0tCU2c6MQ
ご不明の点は、<dev.forum.workshop@gmail.com>までお問い合わせ下さい。
【JICA米国事務所ビル管理方針に伴うお願い】
JICA事務所では、予めビルのフロントに対して来客予定者リストを提出し、その上で来客者はフロントの係員にエスコートをしてもらうことが必要となります(エレベーターを動かすためには、 指定のカードキーが必要なため。)
以上を踏まえて、皆様には下記についてお願いいたします。
1.事前登録を必ず行ってください。
2.事前登録なしに参加する場合は、11:30までに事務所に連絡を入れてください。(事務所代表電話番号:202-293-2334)
3.当日は、フロントに訪問先(JICA事務所)を申し出てください。(フロントの係員がエレベーターを動かすため
の指定キーを持ってエレベーターまでエスコートします。)
なお、フロントを通じて事務所にご連絡いただくこともあります。また、念のため、身分証明書をお持ちください。
4.上記1または2を行われていない方は、必要に応じてフロントを通じて事務所に ご連絡ください。
どうぞご協力お願い申し上げます。

Tagged on: