【dev-info】2020年6月16日号(「IMFは「IMF世界経済改定見通し」を発表」「国際開発省 (DFID)と外務・英連邦省(FCO)が統合」他)

2020年6月30日発行

                              http://www.devforum.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

    ワシントンDC開発フォーラム・情報サービス

 

          -(dev-info)-

 

    皆様の同僚・知人への転送大歓迎いたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【1】ワシントンDC開発フォーラム便り

タイトル:「社会問題解決のために研究者の私が出来ること」

渋谷 沙紀奈(ウィスコンシン大学マディソン校 応用経済学科博士課程)

 

【2】 ワシントンDC開発フォーラム新着情報チェック 

    「IMFは「IMF世界経済改定見通し」を発表」

   「国際開発省(DFID)と外務・英連邦省(FCO)が統合」他

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】ワシントンDC開発フォーラム便り

タイトル:「社会問題解決のために研究者の私が出来ること」

渋谷 沙紀奈(ウィスコンシン大学マディソン校 応用経済学科博士課程)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今年5月に米国ミネソタ州ミネアポリス市で白人警官が偽札使用の容疑で手錠を掛けられた黒人男性の頸部を膝で押さえつけ死に至らしめる事件が起こりました。この事件をきっかけに、各地で警察によるアフリカ系アメリカ人に対する暴力に関する抗議運動が起こっています。そもそも米国では警察が民間人を死に至らしめるケースが他国に比べると圧倒的に高く(https://www.prisonpolicy.org/blog/2020/06/05/policekillings/)、その多くがアフリカ系アメリカ人及びその他のマイノリティーに相当するようです(https://www.nature.com/articles/d41586-019-02601-9)。

 

抗議のきっかけは上述の事件及び度重なる類似事件ですが、抗議の内容は警察による過激な暴力行使だけではなく構造的人種差別に対するものなのです。マクロな統計を見てみると、アフリカ系アメリカ人の所得中央値は白人系アメリカ人の中央値より圧倒的に低く(https://dqydj.com/income-percentile-by-race-calculator/)、また経済学者による実験では履歴書に書かれた名前がアフリカ系アメリカ人のような名前であると、白人のような名前が書かれた同内容の履歴書に比べ、面接に呼ばれる回数が半数に減るという研究結果も出ています(https://pubs.aeaweb.org/doi/pdfplus/10.1257/0002828042002561)。

 

こういった抗議に対して世論は同意する傾向にあるようです(https://www.pewsocialtrends.org/2020/06/12/amid-protests-majorities-across-racial-and-ethnic-groups-express-support-for-the-black-lives-matter-movement/)。しかし、私の大学があるウィスコンシン州都マディソン市では18歳で黒人と白人の二人種の女性が、自身が運転する車の空いている窓から停車中、4人の白人男性から人種中傷的な言葉をかけられ、更にライター液を掛けられて火を放たれ火傷を負うという事件が先週ありました。こういった事件は、市民権運動さらには奴隷制度の過去から派生する、国家としての傷が癒えていない事を表しているように思います。

 

心が痛む事件が続くなか、研究者として自分にはどんな社会貢献をするべきか、必然的に深く考えさせられます。長く、経済学では人種や性差別に関する研究が経済学的ではないとする傾向が近年まで続いていました。経済学が社会問題の解決に役立てるには、質の高い研究をするだけではなく、意義のある研究を非研究者に効果的に伝える事も大切だと思います。今はまだ研究者の卵ですが、公的資金で勉強させて頂いてる事を忘れず、社会のニーズを考えながら研究を進めるよう意識したいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】 開発フォーラム新着情報チェック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

┌――┐Dev-Info 新着情報チェックでは掲載情報を

 

|\/│募集しています。情報掲載を希望する場合は、

 

└――┘devinfo.mailmagazine@gmail.com までご連絡ください

 

┏━━━━━━━━━━━┓
– 日本関連 –
┗━━━━━━━━━━━┛
● 東ティモール民主共和国との間で、供与額5億円の保健・医療関連機材のための無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の交換が行われました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008491.html

● ジャマイカとの間で、供与額2億円の保健・医療関連機材のための無償資金協力(「経済社会開発計画」)に関する書簡の交換が行われました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008492.html

● モンゴルとの間で、無償資金協力2件(保健・医療関連機材整備、人材育成のための支援、合計12億4,900万円)に関する交換公文の署名が行われました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008495.html

● パプアニューギニア独立国との間で、無償資金協力2件(保健・医療関連機材供与,海上保安関連機材供与,合計19億円)に関する書簡の交換が行われました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008528.html

● 南スーダン、スーダン及びウガンダにおけるサバクトビバッタ被害に対する支援として450万ドルの緊急無償資金協力を実施することを決定しました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_008518.html

● JICAは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)及び国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施した外部有識者委員会による選考結果を踏まえ、SATREPSの2020年度新規採択案件として、12件を決定しました。
https://www.jica.go.jp/press/2020/20200625_31.html

● JICAが出資する「アジアインフラパートナーシップ信託基金 」を活用し、アジア開発銀行がアフガニスタンにおけるガス火力発電事業への融資契約に調印しました。
https://www.jica.go.jp/press/2020/20200619_11.html

● JICAは、中小企業基盤整備機構との間で、中小企業の海外展開の促進と開発途上国の課題解決のため、両機関の連携促進を目的とする覚書を締結しました。
https://www.jica.go.jp/press/2020/20200619_10.html

● 「平和構築とCOVID-19:世界的な保健パンデミック下において人道ニーズと持続的な平和に対応するために」と題してJICA緒方研究所研究者らが見解を発表しました。
https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/news/topics/20200623_01.html

● JICAでは、中学生・高校生を対象に開発途上国の現状や途上国と日本のつながりについて理解を深め、国際社会の中で日本、そして自分たち一人ひとりがどのように行動するべきかを考えるエッセイを募集しています。
募集テーマ:「世界とつながる自分 私たちが考えること できること」
募集期間:2020年6月7日~9月11日
https://www.jica.go.jp/hiroba/program/apply/essay/

● 外務省は、各種分野の任期付き職員、非常勤職員を募集しています。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/index.html

● 開発に関する人材募集情報がPartnerページに掲載されています。
http://partner.jica.go.jp/RecruitSearchForPrsn

┏━━━━━━━━━━━┓
– バイ・ドナー関連 –
┗━━━━━━━━━━━┛
● 英ジョンソン首相は、国際開発省(DFID)と外務・英連邦省(FCO)を統合することを発表しました。新名称は、外務・英連邦・開発省(Foreign, Commonwealth and Development Office)となる予定で、ドミニク・ラーブ現外相が新省のトップに就く予定です。
https://www.gov.uk/government/news/prime-minister-announces-merger-of-department-for-international-development-and-foreign-office
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/c9ea9878a977a553.html

● AFDは、海外経済協力振興会社(PROPARCO)などと協力し、COVID-19の影響を受けるアフリカの中小企業支援を行っています。
https://www.afd.fr/en/actualites/supporting-african-small-and-medium-business-during-covid-crisis-development-priority

● ドイツ、国際連合、ヨーロッパ連合(EU)、スーダンの共同議長の下で、スーダンに関するパートナーシップ会議が開催されました。
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_20_1183

● 欧州連合(EU)は、アフリカの角地域の支援のため、追加で9720万ユーロを拠出します。
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_20_1195

● 欧州委員会(EC)と欧州投資銀行は、COVID-19対策に49億ユーロを拠出すると発表しました。また、EU加盟国は、合わせて4億8500万ユーロを拠出します。
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_20_1213

 

●USAIDは,スーダンの2019年平和的革命による民政移管を支援するため,3億5,620万ドルの支援を公表しました。

https://www.usaid.gov/news-information/press-releases/jun-25-2020-usaid-announces-contribution-356-million-sudan-democratic-transition

 

●米国ミレニアム挑戦公社長官は,フォーリンポリシーが主催するウェブ会合のスピーカーとして参加し,ヘルスケア部門へのアクセスを支援するインフラ開発の重要性に言及しました。

Release: Foreign Policy Features MCC CEO for Event on Health-Wise Investments for Global Development

 

●豪州政府は、豪中関係のための国立基金に対し、新たに2名の諮問委員を任命しました。

https://www.dfat.gov.au/news/news/national-foundation-australia-china-relations-advisory-board-appointments

 

●カナダ政府は、世界難民の日に際し、人道支援を通じて、難民を受け入れている国への支援を継続する旨のステートメントを公表しました。

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2020/06/ministers-mendicino-champagne-and-gould-mark-world-refugee-day.html

┏━━━━━━━━━━━┓
– 国際機関関連 –
┗━━━━━━━━━━━┛
● アジア開発銀行は、ブルッキングス研究所が発表した、援助の透明性を評価する独立した指標である「2020年援助透明性指標(ATI)」において前回と同様に第1位となりました。
https://www.adb.org/ja/news/adb-retains-top-spot-aid-transparency-index-development-organizations

● アジア開発銀行はモンゴルに関する国別報告書” Mongolia’s Economic Prospects:
Resource-Rich and Landlocked Between Two Giants”を発表しました。
https://www.adb.org/news/sustained-reforms-crucial-mongolia-long-term-growth-adb

● IMFは「IMF世界経済改定見通し」を発表し、2020年の世界経済の成長はマイナス4.9%と予想されるとしています。2020年4月の「世界経済見通し(WEO)」の予想から、さらに1.9%ポイント低くなっており、COVID-19のパンデミックは、2020年前半の経済活動に予想以上のマイナス影響を及ぼしており、回復は従来の予想より緩やかになると見込まれると論じています。
https://www.imf.org/ja/Publications/WEO/Issues/2020/06/24/WEOUpdateJune2020

● 世界銀行は、ミャンマーの農業支援を目的とした2億ドルのプロジェクトを承認しました。
https://www.worldbank.org/en/news/press-release/2020/06/26/myanmar-project-to-boost-agricultural-productivity-support-farmers-in-wake-of-covid-19-coronavirus

● 同じく世界銀行は、ウルグアイのパンデミック対策とと経済支援を目的とした4億ドルのプロジェクトを承認しました。
https://www.worldbank.org/en/news/press-release/2020/06/25/banco-mundial-pandemia-reactivacion-economica-uruguay

● アフリカ開発銀行は、ガボンのCOVID-19対策を目的とした1億ドルユーロの財政支援を承認しました。
https://www.afdb.org/en/news-and-events/press-releases/gabon-african-development-bank-approves-1005-million-euros-budget-support-covid-19-36564

● 米州開発銀行は、パナマのCOVID-19対策経済支援を目的とした4億ドルのプロジェクトを承認しました。

https://www.iadb.org/en/news/panama-receives-idb-support-contain-sanitary-crisis-and-its-macroeconomic-impact

● WHOは、新型コロナ対策として向こう1年間で310億ドルが必要になると報告しています。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1067282 

 

● 国連諸機関は、新型コロナの影響によりシリアで食糧不足が深刻になっており支援を訴えています。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1067252

 

● UNICEFは、新型コロナの影響によりイエメンで栄養不良の子供が240万人発生する恐れがあると報告しています。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1067082

 

● UNAIDSは、新型コロナによる影響でHIV/AIDS治療薬の在庫が払底する恐れがある国々があると警告しています。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1066782 

 

● UNESCOは、世界の教育状況に関する年次報告書を出版しました。

 https://news.un.org/en/story/2020/06/1066942

 

● 国連は、新型コロナと労働に関する報告書を出版しました。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1066642 

 

● 国連諸機関は、子供に対する暴力の状況をまとめた報告書を出版しました。

https://news.un.org/en/story/2020/06/1066622

┏━━━━━━━━━━━┓
– シンクタンク・NGO関連 –
┗━━━━━━━━━━━┛
● 英ODIは、英政府によるDFIDとFCOの統合についてコメントしています。
https://www.odi.org/blogs/17077-dfid-and-fco-merger-our-experts-views

● 同じくODIは、アフリカ農村地域でのCOVID-19対策についての報告書を発表しました。
https://www.odi.org/publications/17047-dealing-covid-19-rural-africa-lessons-previous-crises

● 英サセックス大IDSのリーチ所長が、DFIDとFCOの統合についてコメントしています。

UK Aid must remain evidence-based and focused on the poorest

● 英王立国際問題研究所(チャタムハウス)は、イラクの公共セクター改革についての報告書を発表しました。
https://www.chathamhouse.org/public-sector-reform-iraq-al-mawlawi

●ブルッキングス研究所は、「COVID-19パンデミックのグローバルなマクロ経済シナリオ」と題したブログ記事を公表しました。

Global macroeconomic scenarios of the COVID-19 pandemic

 

●Center for global
developmentは第17版目となる「開発へのコミットメント・インデックス2020」を公表しました。

https://www.cgdev.org/blog/introducing-commitment-development-index-2020

 

●ピーターソン国際経済研究所は、米国のTPP離脱が与える中国のCPTPP参加可能性について分析した政策ノートを公表しました。

https://www.piie.com/blogs/trade-and-investment-policy-watch/china-and-trans-pacific-partnership-or-out

 

●アジア財団及びASEANは、グーグル社と協力し、20万以上の中小企業に対するデジタルスキル及びツールを整備するための支援を実施しています。

https://asiafoundation.org/2020/06/22/asean-and-the-asia-foundation-with-support-from-google-org-collaborate-to-equip-200000-micro-and-small-enterprises-with-digital-skills-and-tools-amidst-the-covid-19-crisis/

 

●JETROアジア経済研究所は、第41回「発展途上国研究奨励賞」受賞作品を公表しました。

https://www.ide.go.jp/Japanese/Award.html

 

● Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs(組織基盤強化 助成プログラム)の受付が7月16日から始まります。

https://www.janic.org/blog/2020/06/16/pnsf2020/ 

 

● Save the Childrenは、シエラレオネで10代の妊娠を防ぐためのアプリを開発しました。

https://www.savethechildren.net/news/sierra-leone-innovative-sexual-health-app-help-prevent-surge-teenage-pregnancy-due-covid-19 

 

● Save the Childrenは、ミャンマーにおいて紛争により死亡または障害を負う新生児の数が6倍になったと報告しています。

https://www.savethechildren.net/news/myanmar-conflict-leads-six-fold-increase-killing-and-maiming-children-first-three-months-year 

 

● Save the Childrenは、ベネズエラで経済危機が新型コロナにより悪化し、子供への暴力が急増していると報告しています。

https://www.savethechildren.net/news/spike-violence-against-venezuelan-children-covid-19-deepens-crisis 

 

● Oxfamは、新型コロナに伴う無償ケアワークの増加で、精神的なケアを必要としている女性が増加していると報告しています。

https://www.oxfam.org/en/press-releases/close-half-women-are-feeling-more-anxious-depressed-isolated-overworked-or-ill

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    ワシントンDC開発フォーラム「情報サービス(dev-info)」と

 

        「メーリングリスト(devforum)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

ワシントンDC開発フォーラムでは、本フォーラムの開催する勉強会等のイベント関連情報 (案内・レジュメ・議事録)をはじめとする活動情報に加え、グローバルな途上国の開発関連情報と日本の取り組みに関する最新の情報を、「DC開発フォーラム 情報サービスメールマガジンDev-info」として、電子メールにて隔週で配信しています。

 

[バックナンバー] 2002年7月以降の全てのバックナンバーは下記のリンクからご覧いただけます。

DevInfoバックナンバー

 

[メール配信登録] 本情報サービスの配信をご希望の方は、下記リンクよりご登録ください。

https://groups.google.com/forum/#!forum/dev-info-mailmagazine/join

 

[記事掲載依頼] 本情報サービスへの記事掲載をご希望の方は、下記編集担当アドレスまでご相談ください。

<devinfo.mailmagazine@gmail.com>

 

[登録解除] 本サービスの登録解除をご希望の方は下記の解除専用アドレスに空メールを送り自動解除いただきますようお願い致します。

<dev-info-mailmagazine+unsubscribe@googlegroups.com>

 

[情報交換メーリングリスト]

また、本フォーラムでは、毎回のBBLについての意見交換の他、より広くグローバルな開発戦略と日本の関わりに関する 意見交換や情報交換を行うために、「ワシントンDC開発フォーラム・メーリングリスト(devforum)」を運営しています。参加をご希望の方は、下記リンクのフォームより参加申請を行ってください。

https://docs.google.com/forms/d/1FOHL-u1NrbvWbKG7CqWd2arqBpQhH5O8O-7LXFjmf1c/viewform

 

[DC開発フォーラム全般に関するお問い合わせ]

登録に際するエラーや、dev-infoやdevforumをはじめ、DC開発フォーラムの活動についてご質問・ご意見等ございましたら、お気軽に下記アドレスまでご連絡いただけますと幸いです。

<dc.development.forum@gmail.com>

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

編集担当:小林隼人/荘所真理/畠山勝太/表将幸/砂原遵平/神田匡/浅海誠

発行:ワシントンDC開発フォーラム

DC開発フォーラムHP: http://www.devforum.jp/

Facebookページ:    http://on.fb.me/rtR9Le

twitterアカウント: @DC_dev_forum

2020年6月30日発行